葛飾区で評判の注文住宅施工会社選び HOME » 棟梁に聞く!葛飾区ならではの注文住宅施工会社選び5箇条

棟梁に聞く!葛飾区ならではの注文住宅施工会社選び5箇条

寺さんあっしの名は寺田寅吉。葛飾区ではちょいと名前の知られた大工ってとこよ。この辺りの連中は「棟梁の寺さん」と呼んでるがな。

ここでは葛飾区で注文住宅施工会社選びに頭を抱えているオメエさんたちのために、この地域ならではの選び方を伝授しようってんだ。

せっかく葛飾区に家を建てんならよ、あっしとしては土地の性質や町の文化をおさえた上で、これから一生安心して快適に過ごしていける家を建てて欲しいのよ。

狭小地・変形敷地が得意かを見極めるべし

寺さん東京23区で7番目に広い区なのに、葛飾区には狭小地や変形敷地が多い。葛飾区で注文住宅を建てるなら、狭小地や変形敷地の施工実績が豊富な注文住宅施行会社に依頼するのが安心だ。

経験豊富で腕のあるとこなら、その土地ごとの形状を最大限に活かした家づくりができるからな。

狭小地や変形敷地であっても、希望の間取りや設計の家を建てることができりゃ、下手に一般的な注文住宅を建てるよりも安い費用で理想的な家が建つってもんよ。

寺さん狭小住宅が得意な東京の工務店を探すには?
葛飾区のベテラン棟梁・寺さんに聞いてみた>>

密集地でも涼しく快適に過ごせる家づくりかを見極めるべし

昔から住宅が密集していることでも知られる葛飾区。土地が安く、何より下町の風情が残っている町だから、人が集まってくるのも仕方ねえこった。

ただそのせいかわからねえが、夏は湿気が高くて、気温以上に暑さを感じることが多い。だから葛飾区で家を建てるなら、夏は涼しく、冬あったかい家をつくってくれる注文住宅施工会社にお願いするのがいいだろう。

いわゆる、高気密&高断熱の家ってやつだ。そこでだな、ここいらでそんな快適な家を探して歩き回ってるデブ猫に、そいつなりの注文住宅施行会社選びについて聞いたみたぜ。

デブ猫葛飾区で高気密&高断熱の注文住宅を建てるなら?
快適な場所を知り尽くす猫に聞いてみた>>

地震・火事対策の強さを見極めるべし

葛飾区はいい町なんだが、昔から、地盤が弱いっていわれてるんだ。それに加えて建物が密集してるから、万一、火事なんかが起こった日にゃ、隣近所も被害を受ける可能性も高い。

そんな地域だから、地震や火事に強い家をつくらないといけねぇ。もともと、日本は地震の多い国だから、耐震性に力を入れている会社は多いみたいだが、火事に強え家ってのはなかなか見ねえ。

だからよ、人間以上に地震やその二次災害である火事を恐れている、なまずの旦那に聞いてみたんだ。「オメエさんの肥えた目から見て、“地震や火事に強え家づくりをする工務店”を紹介してみねえか?」ってね。

なまず君耐火・耐震性に優れた住宅が得意な工務店とは?
寺さんも認める、見る目のあるなまず君に聞いてみた>>

防犯対策の手厚さを見極めるべし

あまり大きな声じゃ言えねえが、葛飾区は侵入盗の被害が多いところでもある。あっしは昔から泥棒ばかりやってるバカどもが嫌いでね。奴らがすぐにでも諦めるような防犯性の高い家とは何かを考えてきた。

そしてあっしが建てた家々はたいていの泥棒たちを蹴散らしてきた。
しかしな、ただ一人だけ、あっしの建てた家でも攻略してきた泥棒がいたのよ。

そいつとは長年ライバル関係にあったこともあってな、今回はそいつの考える「防犯性の高い家とは何か」を聞いてみた。「おい、熊五郎。情けねえが、テメエが侵入できねえ家ってのを教えてくんねえか?」と。

熊さん泥棒がすぐにでも諦めてしまう防犯住宅を建てる工務店とは?
葛飾区を職場とするベテラン泥棒・熊さんに聞いてみた>>

アフターケアの充実度を見極めるべし

義理・人情の街、葛飾区で家を建てるなら、注文住宅施工会社も義理・人情に厚いところがいいもんだ。一生懸命営業してきたくせに、家を建てたら終わりっていうんじゃ寂しいもんな。

家は建ててからがはじまりなんだ。後々、トラブルや不具合が起こることだって少なくない。そんなときに、いつでも相談できる会社と末永い付き合いを築いていきてえよな?

手前味噌だが、あっしは自分が建てた家も、そこに住まう人も、全力で愛する。
そこでだな、あっしが建てた家・寺'sハウスに、保証の手厚い注文住宅施工会社ってどんなもんか、語らせてみたんだ。

寺'sハウス手厚い保証体制を敷く葛飾区の工務店とは?
寺さんが建てた家・寺'sハウスに聞いてみた>>

棟梁に聞く!葛飾区ならではの注文住宅施工会社選び5箇条
  • その一、狭小地・変形敷地が得意かを見極めるべし
  • その二、密集地でも涼しく快適に過ごせる家づくりかを見極めるべし
  • その三、地震・火事対策の強さを見極めるべし
  • その四、防犯対策の手厚さを見極めるべし
  • その五、アフターケアの充実度を見極めるべし