葛飾区で評判の注文住宅施工会社選び HOME » 葛飾区で家を建てるなら注目!なんでもQ&A » 地元工務店と大手ハウスメーカー…コスパが高いのはどっち?

地元工務店と大手ハウスメーカー…コスパが高いのはどっち?

実際に家を建てるとなると、工務店やハウスメーカーに依頼することになりやす。家の施工をお願いするなら、地元工務店とハウスメーカー、どちらにしたらいいのか、両者の違いを比較してみたぜ。

地元工務店とハウスメーカーを比較

地元工務店

<価格>

地元の工務店は、広告宣伝費や展示場の経費、人件費などのコストがあまりかからないため、原価に近い価格で家を建てることができる

<自由設計の度合い>

工務店の場合、予算や法律以外の制約はほぼなし。そのため、比較的、どんな要望にも応えてくれるんだぜ。

家のデザインや材質、細部にもこだわりたいという人には、地元工務店がおすすめ。

<アフターフォロー体制>

地元工務店とハウスメーカーイメージ画像営業から設計、施工、アフターメンテナスまでを一貫して請け負ってくれるのが工務店の特徴。

とくに、地元の工務店にとって、もっとも大事にしているのが地域の評判。そのため、ずさんな施工はもちろん、家を建てたらそれでおしまい、というようなことはまずありやせん。

親身に相談に乗ってくれるし、いろいろと融通が利くのが地元工務店の一番のいいところだ。

ハウスメーカー

<価格>

本来、ハウスメーカーの原価のコストは安いが、大手ハウスメーカーは、会社の規模が大きいため、それなりに広告宣伝費、展示場の経費、人件費などのコストがかかる。

ハウスメーカーの規格内の住宅であれば、それなりにコストを抑えて家を建てることができるが、土地の形状によっては、規格内でおさめることは難しい場合がある。とくに、狭小地や複雑な地形の土地が多い都内では、比較的高くなるといわれているぞ。

<自由設計の度合い>

規格住宅がメインなので、設計の自由度は低いと言える。

ただ、同じ規格内で色が選べたり、オプションがつけられたりするところも多いらしい。デザインに力を入れているハウスメーカーもあるようだ。

しかし、個性的な家や完全自由設計の家を求めるのであれば、ハウスメーカよりも工務店の方がいいだろう。

<アフターフォロー体制>

施工後の瑕疵保証などの保証については、工務店でもハウスメーカーも変わらない。

ただし、ハウスメーカーは大手が多いので、保証期間内に会社が倒産してしまうという可能性が低いという安心感があるぞ。

棟梁に聞く!葛飾区ならではの注文住宅施工会社選び5箇条
  • その一、狭小地・変形敷地が得意かを見極めるべし
  • その二、密集地でも涼しく快適に過ごせる家づくりかを見極めるべし
  • その三、地震・火事対策の強さを見極めるべし
  • その四、防犯対策の手厚さを見極めるべし
  • その五、アフターケアの充実度を見極めるべし