工法の違いって?

家を建てるには、いくつかの方法があるんだぜ。それぞれの特徴、メリット、デメリットを紹介するので、これから家を建てようと考えている人は、しっかり確認しておいてくれよ。

住宅の工法の種類

住宅工法イメージ画像現在、日本で建てられている家には、木造軸組工法(在来工法)、木造枠組壁式工法(ツーバイフォー工法)、鉄筋コンクリート造(RC造)、重量鉄骨造、ログハウスなどがあるんだ。

それぞれの特徴によって、家や住む人に与えるやメリット、デメリットもさまざま。以下のそれらの違いをまとめてやったからよ、しっかり見てってくれよな。

木造軸組工法(在来工法)

在来工法伝統工法とも呼ばれる工法で、日本でもっとも多い、家づくりの方法だ。

木の柱と梁で骨組みをつくり、筋交いと呼ばれる斜めの材を使うことで、地震にも耐性をもつといわれている。

メリット デメリット
  • 木の温もりが感じられる
  • プランの自由度が高い
  • 比較的コストを抑えられる
  • 将来の間取り変更や改造も可能
  • 大工さんの腕によって仕上がりに差が出る
  • ツーバイフォーと比べて工期が長くなる
  • 湿気による腐朽やシロアリの被害に遭いやすい

木造枠組壁式工法(ツーバイフォー工法)

木の間柱と合板などで壁や床をつくり、その壁パネル・床パネルで6面体を構成する工法。構造用材料には数種類の規格材があるんだが、その基本が2インチ×4インチだったことから、ツーバイフォー工法と呼ばれるようになったんだ。

北米では、ツーバイフォーの住宅が90%以上を占めるといわれているんだぜ。

メリット デメリット
  • 耐震性、防火性、断熱性に優れている
  • 工期が短い
  • 品質が均一で、仕上がりに差が出ない
  • 壁を取り除いたり貫通させたりするような間取りの変更ができない
  • 施工できる建設会社が少ない
  • 気密性は高いが、調湿が難しい

鉄筋コンクリート造(RC造)

鉄筋を網目状に組み、その周りをコンクリートで固めて柱や梁、壁、床などをつくる工法。

鉄筋とコンクリートのいいとこどりをした家づくりの方法だ

メリット デメリット
  • 耐震性、耐久性にすぐれている
  • 気密性、断熱性、防音性に優れている
  • 火事などの災害にも強い
  • 費用が高い
  • 建物の重量が重くなるため、強固な地盤でないと建てられない
  • 結露が発生しやすい

重量鉄骨造

高層ビルやマンションなどを建てるときに使われる工法だ。厚さ6ミリ以上の鉄骨を柱や梁として組んで作られるぞ。

メリット デメリット
  • 柱の本数が少ないので、間取りの自由度が高い
  • 耐震性が高く頑丈
  • 費用が高い
  • 建物の重量が重くなるため、強固な地盤でないと建てられない

ログハウス

避暑地などでよく見かけるログハウス。木を積み重ねてつくる、いわゆる丸太小屋だ。

メリット デメリット
  • 木の温もりが感じられる
  • 気が湿気を吸収するので夏もさわやか
  • リラクゼーション効果が高い
  • 木が乾燥したり収縮すると壁の高さが下がり、ドアや窓が開けにくくなる
  • 外壁は数年ごとに塗り直す必要がある
  • 積んだ木の隙間から雨漏りすることがある
  • ログがひび割れる
棟梁に聞く!葛飾区ならではの注文住宅施工会社選び5箇条
  • その一、狭小地・変形敷地が得意かを見極めるべし
  • その二、密集地でも涼しく快適に過ごせる家づくりかを見極めるべし
  • その三、地震・火事対策の強さを見極めるべし
  • その四、防犯対策の手厚さを見極めるべし
  • その五、アフターケアの充実度を見極めるべし