葛飾区で評判の注文住宅施工会社選び HOME » 葛飾区で家を建てるなら注目!なんでもQ&A » 注文住宅を建てるなら知っておきたい資金計画の注意点5つ

注文住宅を建てるなら知っておきたい資金計画の注意点5つ

注文住宅を建てる時、ほとんどの人は住宅ローンを借りて資金を用意するんだ。

住宅ローンを利用するうえで、一番大切なのは現実的な返済プランを考えることだぜ。返すことができないローンを組むと、将来マイホームを手放すことになりかねないな。

無理のない資金計画を立てるために、資金計画の注意点を5つ知らせておこう。

家を建てるためにいくら必要か多くの人はわかっていない

注文住宅を建てようと思っているなら、資金計画を立てることは必須だ。多くの人は、マイホームに対して漠然とした希望や予算案しかもってないな。

避けたいのは、理想を実現するのにいくらかかるのか、よくわからないまま住宅ローンを借りてしまうことだな。

もし、現在の収入や将来の年収アップを想定した上限いっぱいの金額を借りてしまうと、将来会社の業績が下がってボーナスが出なかったり、リストラされたりした時、生活できなくなるな。だからこそ、具体的かつ現実的な資金計画が必要になるんだ。

住宅ローンを組むまえにやるべき資金計画の注意点5つ

5つの注意点を、順番に紹介していくぜ。

今後数十年の生活でかかるお金と収入を把握する

財布の中身を知らずに、買い物をすることはできねえな。今後数十年のライフイベントを想像して、それぞれいくらくらいお金がかかるのか、収入はいくら入ってくるのか、金額を計算するぜ。

例えば、家賃や駐車場代などの住宅関連費を細かく計算して数十年ぶんの合計を出してみれば、注文住宅の予算がいくらだったら賃貸よりもお得なのか比較することもできるんだ。

住宅の購入にともなう必要経費と税金を計算する

住宅を購入する場合、忘れがちなのが土地と建物以外の費用だ。引越し費用、家具や家電の代金、住宅のメンテナンスをするための積み立てなどが必要になるな。とりあえずの予算をもとにして、不動産取得税や固定資産税といった、住宅の購入によって発生する税金も計算するんだ。

これらの費用も予算に含めておくと、家を建てたあと資金不足で金策に奔走する心配もねえな。

借入額は上限いっぱいではなく少し余裕のある金額にする

長い人生、何が起きるかわからねえな。住宅ローンは、借りることができる最大額ではなく、ここまでに計算した収入と支出のバランスを崩さない程度に抑えるんだ。

住宅ローンを利用するなら、無理なく返すことができる額を借りるのが賢明だな。

頭金を増やすより繰り上げ返済を軸に考える

頭金を増やせば、そのぶん利子の総額は少なくなるな。返済を楽にしたいと考え、頭金を無理に積み上げようとする人もいるが、頭金を増やすよりも手元に資金を残しておく方がいいんだ。

同じ予算額でも、頭金を限界まで積み上げ、貯蓄がなく毎月ギリギリの家計から住宅ローンを返済していると、子供を授かったり、急病で何ヶ月も入院した場合に対応できねえな。返済を急ぎすぎると、生活を楽しむことができなくなるんだ。

予算の一部を手元に残して、毎月の生活に多少余裕がある状態にしておけば、ある程度まとまった額が貯まった時に無理なく繰り上げ返済をすることもできるよな。

必ず予算内で抑える

しっかりと金額を計算した資金計画は、いわば今後数十年ぶんの収入と支出の上限だ。転職や昇進で大幅に年収が上がったり、ぎりぎりの節約生活をしたりしない限り、限界以上の予算を用意することはできねえな。

注文住宅の予算が限界を越えてしまうと、ローンの返済ができなくなるんだ。注文住宅を建てる時の資金は、絶対に予算以下に抑えねえとな。

無理のない資金計画で豊かな生活を!

注文住宅のような大きな買い物をする時は、数十年ぶんの収入と支出、住宅購入に関連してかかる費用と税金を計算したうえで、予算案を考える必要があるよな。無理のない返済ができるように予算を組むことが、マイホームでの生活を楽しむ最大の秘訣なんだぜ。

棟梁に聞く!葛飾区ならではの注文住宅施工会社選び5箇条
  • その一、狭小地・変形敷地が得意かを見極めるべし
  • その二、密集地でも涼しく快適に過ごせる家づくりかを見極めるべし
  • その三、地震・火事対策の強さを見極めるべし
  • その四、防犯対策の手厚さを見極めるべし
  • その五、アフターケアの充実度を見極めるべし