葛飾区で評判の注文住宅施工会社選び HOME » 葛飾区で家を建てるなら注目!なんでもQ&A » 狭小地に注文住宅を建てるときに注意したい5つのポイント

狭小地に注文住宅を建てるときに注意したい5つのポイント

「利便性のある場所に住みたいが、大きな土地を購入できる予算がない。」なんていうボヤキがあるが、狭小地でも注文住宅を建てることができるんだ。

現代では、狭小地の注文住宅に多くのメリットがあることが知られてんだぜ。
でも、狭小地の注文住宅で快適に過ごすためには、いくつかの工夫が必要だ。

だから今回は狭小地に注文住宅を建てるときに注意したい5つのポイントを紹介するぜぇ。

防音設計にするべし

狭小地に建てる住宅は、近隣の家と距離が近いことがほとんどだな。こういった場合は防音対策をしっかり行わなければならねえよ。江戸っ子たるもの、近隣の家の音が入ってこないようにするだけじゃなく、自分の生活音が隣人に聞こえないように配慮する必要があるってことよ。 騒音は子どもが出す騒音から、エアコンの室外機が出す音まで、いろんな種類の生活音があるよな?建築してから対策すると余計な費用が必要になるから、建築前によく検討することが必要なんだよ。

耐久性の高い住宅にするべし

狭小地に注文住宅を建てる場合、3階建ての住宅になることが多いよな。狭小地の3階建ては、建物が地面に接する面積の割に高さがあるために、地震の揺れを感じやすくなるんだ。1階部分で2~3階を支えなければいけないから、建物に大きな負担がかかるよな。

こういう不測の事態に対処するには、建物の耐久性を高める必要があるわけよ。耐久性を高くするために柱を太くしたり本数を増やしたりすると、間取りにも影響が出てくるんだ。そういった住宅を建てるには建築のノウハウが必要だよ。

建築費用が高くなる可能性がある

狭小地の建築では、建設費がかさむ可能性があるぞ。 狭い場所では工事用のトラックが簡単に出入りできない可能性もある。建築時の足場を組む作業や建築そのものの作業もスムーズにいかないこともあるわけだ。その結果、建築に時間がかかってしまい、建築費用が高くなることがあるのも覚えておくといいだろう。

メンテナンス性が悪い

敷地いっぱいに住宅を建てると、メンテナンス性が落ちるんだ。

例えば、エアコンの室外機を設置するとき、あまりにも隣の家の壁と近いと、エアコンの動作に支障をきたすんだな。それに、エアコンの室外機が隣人のリビングや寝室に近い場所にあると騒音問題にも発展するから気をつけねえといけねえよ。

おまけに、建築から数十年経過すると、外観が徐々に劣化していく。
外観を改修する場合、隣の家と近すぎると円滑に改修できなくなるんだ。現状では、敷地の境界線から外壁までの距離は50センチ以上あけなければならないという法律はあるが、現実問題として50センチでは十分なスペースではないことも多い。かといって余裕を持ったスペースをあけると住宅が狭くなってしまうという問題があるから難しいところだよな。

住みやすい空間を設計するべし

狭小地の住宅は、数十年後のことを考えて住みやすい空間に設計する必要がある 例えば、階段の上り下りが頻繁に発生することが予想されるから、後々のことを考えると寝室は1階にすることが好ましいよな。年をとったときに、寝室が3階にあると負担になるのはわかるよな? ほかにも、狭小地の住宅は階ごとのスペースが狭いから、あまり多くの壁で区切ってしまうと家全体から開放感が失われてしまうぞ。そうならんように、階段の下に上手な収納スペースを用意するなど、住みやすい空間を設計する必要があるわけだ。

こんなふうに狭小地に住宅を建てる場合は、いくつかの注意点があるってことよ。

けどな、上のような注意点を意識してさえいれば、「利便性のある場所に安く住める」「税金が安くなる」なんていう多くのメリットがある。狭小地の建築に慣れている住宅会社に相談して、最高の住宅を建ててくれよ。

棟梁に聞く!葛飾区ならではの注文住宅施工会社選び5箇条
  • その一、狭小地・変形敷地が得意かを見極めるべし
  • その二、密集地でも涼しく快適に過ごせる家づくりかを見極めるべし
  • その三、地震・火事対策の強さを見極めるべし
  • その四、防犯対策の手厚さを見極めるべし
  • その五、アフターケアの充実度を見極めるべし