葛飾区で評判の注文住宅施工会社選び HOME » 葛飾区で家を建てるなら注目!なんでもQ&A » 子育てが楽しくなる間取りを実現!注文住宅の施工事例を参考にしよう

子育てが楽しくなる間取りを実現!注文住宅の施工事例を参考にしよう

子育てに正解はねえな。

とはいえ、ほかの家庭がどういう工夫をして子育てを楽しく行っているのか、気になるよな。

今回は、注文住宅の施工事例を参考にして、子育てが楽しくなるような間取りの工夫やポイントを紹介するぜ。

触り心地のよい木材など自然素材を多用した家

リビングでは子供と一緒に長い時間を過ごすよな。そのリビングを子育てのしやすさを考えた間取りにする人は少なくねえんだ。子育てをするうえで、注文住宅を建てるなら安全性や質感のよい自然素材にこだわりたいという人も多いみたいだな。ただ、注文住宅に自然素材を使う場合、素材にこだわればこだわるほど価格が高くなりやすいこともあって、どこにどうやって取り入れるかが大切になってくるぜ。

その答えのひとつが、なにかと触れる機会の多い床を自然素材でつくるという考え方だ。

子育てに役立つ対面キッチンと触り心地のよいパイン材がポイント

引用画像/http://td-nara.com/example/bbs.cgi?page=10

家事をしながらいつでも子供の姿を確認できるように、リビングとキッチンを一直線に置き、対面型のキッチンを採用したんだ。また、触り心地のよいパイン材を床材として使うことで、家のなかにいながら自然のぬくもりを感じることができるぜ。

狭い土地でものびのびと遊ぶことができる屋上つきの家

狭い土地でも、間取りを工夫すれば、子供と一緒に遊ぶための広いスペースを用意することができるんだ。生活空間を最大限確保しながら、子育てにも役立つスペースを用意する場合、屋上やバルコニーをつくるのがおすすめだ。

広々とした屋上で安全に遊ぶことができる

引用画像/http://www.plusoneliving.jp/product/basic/

屋上をフリースペースにすることで、見晴らしのよさとスペースの広さを確保したんだ。芝生風のジョイントマットやタイルなどを敷き詰めれば、子供と一緒に寝転んでお昼寝をしたり、家族でプチピクニックを楽しんだりすることもできるんだぜ。

小さな子供がよじ登ることができない高さの壁にしておけば、いつでも自宅で安全に遊ぶことができるよな。交通量が多くて子供が遊ぶときの危険性が高かったり、公園が少なかったりする地域に住んでいる場合も安心だ。

もちろん、家族や友人知人との集まりや、バーベキューなどにも利用できるぜ。

開放感と視認性を重視して生活スペースを2階にまとめた家

子育てのことを考えるなら、子供から目を離さなくてもよいように、できるだけ生活動線をまとめてしまうことをおすすめするぜ。

キッチン・リビング・バルコニーが一直線になっている

引用画像/https://www.liberty-home.biz/work/660/

ポイントは、対面型のキッチンに立ったとき、目のまえのリビングと、そのさきにあるバルコニーがひと目で見える設計だ。直線距離が長くなり、外からの日差しが入りづらくなることを考えて、1階ではなく2階にリビングを設置し、採光用の窓を増やしているんだ。

学習スペースをリビングに置いた吹き抜けの家

土地の広さを考えて、3階建て以上の家を建てるのであれば、吹き抜けはとても効果的だ。天井がなくなることによって部屋が広く見えるようになるぜ。吹き抜けをつうじてお互いの姿を確認したり、会話したりすることもできるため、家族間のコミュニケーションが取りやすくなるというメリットもあるんだ。

子供と顔を合わせる機会を増やす間取りの工夫

引用画像/https://www.okuta.com/jirei/jirei/201301/291300.html

リビングの一角にカウンターを設置し、子供が宿題や勉強、読書をできるようにしたぜ。普段からリビングで勉強するくせがついていれば、子供が大きくなっても会話のチャンスは減らねえな。また、あえて階段をリビングの中央に置くことで、家族が顔を合わせる機会を増やしているのもポイントだ。

子育てを重視した設計は家族の共用空間も快適に!

注文住宅の間取りに迷ったときは、子育てを重視する設計を考えてみようぜ。多くの場合、対面型のキッチンやバルコニー、屋上スペースの設置、自然素材の利用といった子育てが楽しくなるような間取りの工夫は、家族の共用空間を快適にすることにもつながるんだ。

棟梁に聞く!葛飾区ならではの注文住宅施工会社選び5箇条
  • その一、狭小地・変形敷地が得意かを見極めるべし
  • その二、密集地でも涼しく快適に過ごせる家づくりかを見極めるべし
  • その三、地震・火事対策の強さを見極めるべし
  • その四、防犯対策の手厚さを見極めるべし
  • その五、アフターケアの充実度を見極めるべし