葛飾区で評判の注文住宅施工会社選び HOME » 葛飾区で家を建てるなら注目!なんでもQ&A » 実際の施工事例で確認しよう!二世帯住宅の注意点5つ

実際の施工事例で確認しよう!二世帯住宅の注意点5つ

ストレスのねぇ二世帯住宅を建てるためには、二世帯住宅だからこそ必要な注意点を抑えて設計することが大切だ。だけど、実際に同居したことがなければ、住宅の問題点なんてそうそう思い浮かばねぇよな。そんじゃぁ、実際の施工例を手本に、二世帯住宅を建てるうえで抑えておきてぇ5つの注意点を紹介するぜ。

嫁姑関係のストレスを少しでも軽減する間取り

嫁姑関係は、互いがよほど仲良くない限り、無理に同じ空間で生活しちまうとストレスを感じる可能性が高いぜ。同居がきっかけで関係が悪くなっちまったら、目も当てられねぇ。

完全分離型の二世帯住宅

引用画像/https://www.gakuen-j.co.jp/gallery/12/

こいつは、キッチン、風呂、トイレ、洗面所、リビングにいたるまで、玄関以外のすべてを切り離した完全分離型の二世帯住宅だ。互いの生活空間が完全にわかれてっから、近くにいながらプライバシーの確保もできて安心だな。

二世帯皆で仲良く暮らすための共有空間づくり

空間を有効活用するため、家族みんなで仲良く生活するために重要になってくんのが、快適な共有空間づくりだ。広さ、明るさ、使い勝手なんてぇものをよくよく考えて設計すれば、自然と家族が集まるようになって、互いの仲も深まるってもんよ。

ふんだんに光を取り入れる開放的なリビング

引用画像/https://www.liberty-home.biz/work/596/

こんな風に、家族が集まるリビングには、天井から光を取り入れる「トップライト」を使うってぇのもいいぜ。キッチンからリビングまでをひとつづきの空間にして、内装やインテリアは白と木材を中心にしてんだな。子どもでも、爺さん婆さんでもリラックスできるように工夫されてるぜ。

親世代との同居をするなら絶対に必要なバリアフリー

人間なら誰だって、年をとれば体のあちこちにガタが出てくるもんだ。必要になってから慌ててバリアフリーにするより、最初からバリアフリー設計にしておくほうがコストも抑えられるし快適な住空間になるってぇもんよ。

開口部の大きな引き戸を多用して使いやすさをアップ

引用画像/http://www.sumaiclub.com/sekou/482/

こいつのポイントは、住宅内の扉に開け閉めのしやすい引き戸を採用したところだな。引き戸にすりゃぁ当然扉の開く部分も大きくなるからな、もしも車椅子になったときでも移動しやすくなるってもんだ。それに自宅の玄関まえにスロープを設けるってぇのも、バリアフリーの基本だよな。

二世帯ぶんの荷物を収納できるスペースづくり

二世帯住宅を建てるときに、収納スペースの確保を見落としているケースも少なくねぇ。当然のことだが、二世帯が同居する以上、二世帯ぶんの荷物を収納できるスペースの確保は必須だぜ。ただ、収納を多くしすぎると、今度は生活空間が狭くなってしまうこともあるから注意しなきゃなんねぇ。

対面キッチンと地下収納の採用で広さと収納量を同時に確保

こいつのポイントは、対面キッチンと地下収納だな。対面キッチンで見とおしをよくして、リビングの空間が広く感じられるようになってるってぇ寸法だ。しかも、地下収納を7帖ぶんと広く取ってっから、二世帯の荷物やら非常用の備蓄なんてぇのも収納できて便利だぜ。

長く使うものだからこそ高い耐震性と耐久力が必要

二世帯住宅は、普通の戸建てに比べて建築費が高くなるもんだ。だからと言ってコストを安く抑えることだけを考えちまっては、家は長持ちしねぇぜ。長く使うものだからこそ、耐久性や耐震性、省エネ性能の高い住宅を建てるのが肝心だ。

耐震性の高い長期優良住宅で安全性にも配慮

引用画像/http://www.toukaijyuutaku.co.jp/topics_detail2/id=108

こいつの場合は通常の施工に加えて、地震に強い耐震壁を導入してるな。それに、この施工事例では高断熱素材と太陽光発電システム、オール電化を組み合わせて、毎月の電気料金が安くなるよう工夫しているのもポイントだ。

二世帯住宅を建てるなら、互いのストレスにならないように生活空間の設計に配慮して、バリアフリーと耐震性を重視しつつ、収納スペースも確保することが大切だぜ。もしも妥協しちまったら、数十年後悔することにもなりかねねぇ。二世帯住宅ならではの注意点にちゃんと気をつけて、暮らしやすい家を建ててくれぃ。

棟梁に聞く!葛飾区ならではの注文住宅施工会社選び5箇条
  • その一、狭小地・変形敷地が得意かを見極めるべし
  • その二、密集地でも涼しく快適に過ごせる家づくりかを見極めるべし
  • その三、地震・火事対策の強さを見極めるべし
  • その四、防犯対策の手厚さを見極めるべし
  • その五、アフターケアの充実度を見極めるべし